何人もセフレがいたが飽きてしまったため、自ら全員切ったとドヤ顔で自負する毛先ピンクの金髪むすめの詩ちゃん。そんなヤリマンギャルな詩ちゃんですが、今はセフレがいないため、チンポに飢えているのか喉奥まで肉棒を咥えたい、と自ら撮影志願してきました。男が気持ち良さそうに反応しているのを見るのが堪らないからイラマさせてと自らインタビュー中なのにも関わらず、いきなりチンポに手を当てて口の中にパクリ。そのまま詩ちゃんのエロさに誘われて上の口と下の口両方、お望み通りガンガン奥まで突かせていただきました!

READ MORE : 白川詩 <喉奥イラマを志願してきた痴女とガチ性交

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です