春の入学シーズン。桜並木を歩く女子〇生ゆき。家に帰ると知らないおじさんが待っていた。家の破産を助けるために女子〇生は志摩紫光の生け贄になるのだ。3年間カリスマの思いどうりに責めさいなまれ、辱められる生き地獄を女〇高生は生きてゆかねばならないのである。早速イラマチオ調教だ。肉棒に喉を鳴らすゆき。後ろ手に吊されスカートをまくし上げると麺のパンティが可愛らしい。お尻の形もいい。スパンキングに泣く。さらにバラ鞭責めに「ごめんなさい、ごめんなさい・・・・」やばすぎる可愛さである。アナル拡張器具を挿入、ケツの穴をライト付きカメラでじっくりと奥まで観察してやろう。綺麗なピンク色の直腸がひくひくとしている。ゆきは感じていている。女子〇生のケツの穴は何人にも〇されたことのない聖域である。「は、恥ずかしい見ないで下さい。」ゆきは泣く、こんな羞恥な目にあうのは初めてであろうがまだまだ序の口なのである。ケツたたきに「痛い〜痛い〜〜〜〜」いい泣きっぷりである。変則竹縛り吊り。見事な緊縛技も徹底した調教をしゆきを従順にするプロセスである。電球責め 、舌責め、吹き矢責めときて最後の最後最大の見せ場、ラビアピアス貫通。これはすげえ。こんな可愛いパイパンで若いクリを貫通させるとはさすがカリスマだ。絶叫もすげえ。濡れ濡れになるパイパンまんこもすげえ、めちゃくちゃ痛がってるじゃないか。まあ、見た方がよくわかります。もちろん超おすすめです!!

READ MORE : ゆき <女子〇生ピアス鞭

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です